for English speakers: Welcome to HayashiyoWelcome to Hayashiyo
リネンや麻を織る日々をつづっています。

リネン日記

バッタ

2020年08月30日

パキスタンやインドを襲うバッタ、バッタを退治するためには殺虫剤が撒かれる、コットンも被害作物の一つ、オーガニック栽培の場所だけ例外にするわけにもいかないだろう。国が動いて広範囲に対策をしている。今年だけでなく、オーガニックは基本3年間の縛りがあるので、オーガニック農家はどうするのだろうか?

本来は認証するものが対応していないといけないだろうが、インドは、コロナで視察すらも難しい状況だろう。コロナやバッタという問題、普通の作物をつくるのも難しい状況では、オーガニックという概念も、現場の人間の苦労を考えると特例が必要となってくるのではないだろうか。極端な話、今後3年くらいは努力目標とするという程度まで落とさないと殺虫剤が降り注いだ畑を抱えてオーガニック農家は破綻してゆくだろう。ニーム程度では抑えることは難しい状況である。

非常時には、マニュアルに従うのではなく、人々の生活を最優先で守ることが大事であろう。それはそれで最終の消費者まで理解を浸透させて消費するようにすればよいのである。努力しても無理なこともあるし、それはそれで受け入れるのがサステイナブルという概念につながるのである。基準だけが独り歩きして消費者騙しにならないように基準を作っているものがサステイナブルな考えで行動し現場の問題を解決しないといけない問題だろう。

現地ではバッタも食用にするようなことが一部行われているが、ヘリで非常に広範囲に殺虫剤を散布したりしているので、バッタの移動距離も1日に100km以上とか言われているので、現地の人もバッタは食べないほうがよいだろうと思うが、テレビの番組などネットでみても、バッタを食べて退治になるように報道しているが、バッタを食べることで間接的に殺虫剤を食べる危険性が少なからずあると思う。
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内