for English speakers: Welcome to HayashiyoWelcome to Hayashiyo
リネンや麻を織る日々をつづっています。
ホームリネン日記
リネン日記
リネン日記:3577
«前のページ 1 ... | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | ... 179 次のページ»
2010年05月15日
社員たちの資格試験が近づいてきましたので、その試験の練習問題をもらいに近くの縫製工場まで行きました。社長は忙しくしておられたので、社員の方とお話していますとリネンのカーディガンのようなものをつくりたいとのことで、細番手リネンに関してのお話をしていました。

私の頭の中では、100番手、120番手クラスの話だったのですが、よくあるハンドメイドリネンということで、40番手とか60番手クラスを頭に描いていられるのではないかと思っています。

もうすぐ、リネン100番手のブラウスが上がってまいりますので楽しみです。先日、百貨店の店頭を覗いてまいりましたときも、リネンの製品がトップ商品としてたくさん並んでおりました。店頭の方もブランドさんもリネンには注目されているようです。イメージとしては後晒っぽいのが多かったので、本格化してくるのはまだまだこれからだと考えています。

林与が考えるのは、普通の25番手から60番手クラスのものでも、長くお使いいただける品質に仕上げておきたいと考えております。生成の色からしても市販のリネンによくあるソバカスの多い綿っぽい肌色ベージュじゃあないのは、フラックスの産地や紡績工場の品質を物語っているので、リネンの生成の色を観るだけで良いものかどうかとうのは想像できるところです。
2010年05月14日
今日は私の誕生日です。社員たちが朝からお誕生日おめでとうございますと次々に声を掛けてくれます。

彦根の縫製工場にお昼ころお邪魔しまして、お昼をご一緒しました。近くに新しくできたラーメン屋さんがあるということで行ったのですが、そこは半年ほど前にオープンしたばかりのカレー屋さんのあったところでした。

今日は、夕方1反だけ出荷を行いました。工場の中では、リネンデニム生成生地で、かばんなんかを作ってみたりしています。2タイプつくってみましたが、かわいいかばんができました。生地も売りたいのですが、加工に出してしまって、ナチュラル仕上げのものはわずか自分用に手元にあるのみです。

リネン超高密度織の1週間に及ぶファーストトライは失敗です。明日からセカンドトライに入ります。ビンテージアイリッシュリネンハンカチのほうも、次のトライアルに入ります。コントラストを楽しむ、真っ赤なハンカチと、真っ黒なハンカチを作ってみようかと…。

オーガニックリネンの生成を特別プロモートセールいたします。明日にはオーガニックリネンのオフ白を特別プロモートいたしますので、よろしかったらどうぞ。
2010年05月12日
午前中、県の助成金の説明会が大津でありまして出席いたしました。高速道路を使ったのですが、片側1車線が集中工事で、渋滞気味でした。でも、ちょっと遅れくらいで到着して大事なところは聞き漏らさずに良かったです。

リネンハンカチのほうも、色柄含めると20種類は出来上がっているので、目標の30種類まで、あと、どういうバリエーションを増やすかというところがポイントかと考えています。今年度はビンテージなアイリッシュリネンを思わせる柄をセレクトしました。ほかに増やすバリエーションとしては、黒と紺と薄ブルーとベージュの基本カラーを染めてみようかと考えています。

メンズっぽいシリーズです。ハンカチの大きさはメンズでもレディースでも使えるように45cmくらいが良いのではないかと考えております。実際に何枚か作ってみて、リネンハンカチとしては、かなり良い感じに仕上がったと思っております。

ハンカチの機能を重視した特殊加工もテスト的に行ってもらいましたが、私自身の評価としましては、風合いの面で厳しいかなあと思ったりもしています。なぜか、硬すぎてハンカチとしては使えないように思いますが、頭に思っていた加工をテストすることができてよかったし、その加工と生地の相性もよく見えました。

不思議ですが、今、プロジェクトで作っているリネン生地というのは、リネン生地としては過去のものを凌ぐほどに魅力的です。最初の半年ほどでこの状態までにたどり着けたのが順調すぎて、この先も順調な発展があるのかが心配です。ただ単に色柄を増やすだけでなく、今のは平織なので来年は、織りをもっと発展させようと考えられるのではないかと思います。
2010年05月11日
今日は、加工出しを行って、お昼をまたいで反物を取りにいきました。リネンの厚地のほうが仕上がってきたのですが、これでカラー展開すれば面白いのではないかと考えております。

新しい布が出来上がるまでには、何回ものトライアルがあります。林与が行っている厚地のほうのプロジェクトも、もう1年近くになります。ボトムやアウターのリネン100の林与が満足できるような厚地を完成しようとトライアル中です。

厚地のリネンデニム生成で、かばんもひとつできました。なんか、かわいいですよ。普通の生地で作ったものとは違う感じに仕上がっています。

夕方から、組合の用事で彦根市役所で会議がありました。熱意のある対応をいただき、一丸となって進めそうで、これからものづくりにはいるのが楽しみです。
2010年05月10日
明日から京都の百貨店さんでのセールがあるそうで、そちら向けにストールを販売したいということで企画会社から依頼を受けました。華やかな世界が広がるのではと思っております。色柄含めて50種類以上のリネンストールが店頭にお目見えです。その出荷に追われておりました。

JCやインターテキスタイル上海、北京などでも常にアパレルのプロの皆様に注目をいただいていたストールだったので、日本の店頭で最終消費者の皆様のご判断というものがどうなんだろうかと思ったりいたします。
2010年05月09日
今日は、朝8時半から、こいのぼりの撤収作業を行いました。休みの日というのはたくさんの方が外で動かれているのだなあと始めて位に気が付きました。その後、10時から総会の準備を行って、午後12時半ころ総会の受付が始まり、自分の区の受付担当でした。

総会には、たくさんの皆さんが参加されまして終了後、反省会ということで簡単な食事会がありました。評議員のみなさんというのは父親世代の方々が多いのですが、私というのは普段仕事を字の中でしていることもあって、皆さんが立てて下さっているのを感じます。

町長の話によると住んでいる町自体は、高齢化していないそうです。が、私の住んでいる周辺は高齢化する一方で、1年経てば平均年齢がほぼ1歳上がっているような… 本来、高齢化ということが問題になること自体、国としての大きな問題を抱えているということで、その点を考えていくべきであろうかと思います。
2010年05月08日
今、リネン140番手をストールですが、糊無で織るのをテスト的に行っています。糊をつけずに織るメリットというのは、糊をつけなくて良い、糊抜き剤を使用しなくて良いというダブルのエコなメリットがあります。実際には、縦糸が切れやすくなるので、織効率がかなり落ちるために糊付する以上に手間が掛かるのですが、糸からして特殊なものですので、より手間を掛けても、エコなコンセプトで織り上げてみようという思いです。10mほどを織り上げるのに4日ほど掛ってたりで、手織りの世界よりも遅いです。

このストールを糊をつけて織ったタイプは、以前1枚だけ作って、インターテキスタイル上海やジャパンクリエーションの場でも展示しておりまして、リネンストールというよりも肌触りからしてカシミヤの世界だったりします。糊をつけていないものも同じような感じか、あるいはよりソフトに仕上がるのではないかと想像しておりますがどうなるでしょうか?

林与の中では、現在、いろいろなプロジェクトが進行しておりますが、製品のほうでも4年ほど前から企画していたリネンプロジェクトが進行しております。このリネンプロジェクトがここ1年ほどで急速に現実化の道が開けてきました。リネンの100番手クラスの細番手素材を活用するということで現実化の運びとなったのです。

今日は、夜には、自治会の評議委員会がありました。明日が自治会の総会です。
2010年05月07日
今日は、朝一番でお客様が来られましてお昼も忘れてリネンの話になっておりました。皆さんが海外生産やそれと競うようなものづくりに徹しておられる中で、大手さんで、私よりも若い世代の方が生地へのこだわりを持っておられるというのが私にとっても新鮮でした。今日はほかにも生地を販売されている方からのお問い合わせがあり糸や染の原産地に関してでした。リネンに関して、中国紡績糸ということをお話しますと、がっかりされるようなところがあるのですが、リネンに関しての本当の情報などがまだまだ適切に販売されている方ですらも伝わっていないというのが感じられました。

中国産生地や中国紡績糸使用(あるいはアフリカ大陸紡績糸)のものなどがほとんどのケースで、フランスリネンとかベルギーリネンと謳われ出回ってしまっておりますので、消費者だけでなく、生地を販売されている方にも糸の産地に対しての誤認を与えるようです。リネンに関しての適切な情報が消費者だけでなく生地を販売されている方にも一般に伝わってはいないのが不思議です。

産地や歴史というものがどこまで重みがあるかといえば、国産テキスタイルでも安く上げようとすれば海外の安価なリネンと中身まで同じレベルのものになってしまいます。買われる側が気が付かれにくい目に見えない中身の基本的な品質を常に保とうとすると目に見えない部分で、ものづくりする側がお使いいただく方のためにどこまでこだわれるかという問題になってきます。

林与の布をこのサイトで買っていただくと、林与のロゴラベルをお付けしています。そのラベルがかっこいいからとかかっこ悪いとかではなく、林与の布つくりの裏には、日本の麻織を守っていくために、特殊なリネンの世界をクリエーションしたり、本麻の品位を守ろうとする姿勢があったりします。そのラベルをお配りすることで、その布が「林与」が手がけたものであるということを証明するだけでなく、林与自身が麻布作りにこだわらなければならないことを皆様にお約束する意味も含んでいます。
2010年05月06日
今日は、朝、香港におられるフランス人の方からメールが届いていました。フランスブランドさんで、とてもかわいい子供服をつくるメーカーさんです。3月末のインターテキスタイル北京の一番最後の日の一番最後のお客さまとして来られたのですが、子供服だけに安心できるものをということを話しておられました。林与の先染リネン生地で、そのブランドさま向けのオリジナルな生地を作ようなお話です。

フランスへの輸出では中国の生地というのはすべて検査が必要だそうです。シルクなどでもヨーロッパ向けは検査が厳しかったりします。エコテックス100が必要なのもヨーロッパ向けだからです。林与の使用している中国紡績糸は、エコテックス100認証を受けたもので、安全な糸で、その糸を日本で染色、織、加工行っております。

日本からの輸出だと検査は必要ないといわれていましたので、ヨーロッパのほうでは、中国製生地に対しては、検査が厳しいようです。今、日本でも同じ危険はあるかと思います。厳しい世界の価格競争にさらされて、今まで使用してきた薬剤というのがどんどんと安いものに置き換えられてしまっていくというのが現状で、同じに見えても高い染や高い加工があるのは、それが理由だったりします。

織に関しましても、最近ではリネンの細番手は、糊をつけずに水溶性ビニロンを巻いて織るのが業界の主流になりつつありますが、その後の処理の問題は万全でないといけないと思い、適切な知識が必要です。また、堅牢な染というのは大事で、色が落ちるということは結局、肌に付くケースがあるということで、化学薬品である染料が肌に付いて残るというのは良いことではないのは想像できます。

ものを作っていてもいろいろと考えることが多いのですが、林与も近江上布の機元でありながら、染を断念したのも下水処理の問題からです。滋賀県では、昔から琵琶湖に流す水を綺麗にしようということで洗剤の問題が取り上げられていました。琵琶湖に流す水、すなわち、京都や大阪の人が飲み水としても取水する水なので、産業界全体としてもその安全性までを考えた生産が大事かと思います。基準の低いところのほうが、低コストでつくれるという強みはあるかと思いますが、今の地球温暖化のエコ意識と同じで、何に価値観を持つかは、地球規模で長く仕事をしていくことを考えると大事なことではないかと思います。
2010年05月05日
今日は、真夏日なこどもの日です。子供たちにとっては天国のような一日だったのではないでしょうか。私のほうは、書類作製の手続きなどに追われておりました。家の中で仕事をしていても、ただ単に、外に出たときに、お天気がよいというだけで幸せな気分です。

今日は夕方にリネンプレゼントをお送りいたしました。かなり気合を入れておつくりしましたワイルドなリネンデニム生成なのですが、お手元に届きまして、使いにくかったら汎用的なL43番手と交換いたしますので送り返してくださいね。

2010年05月04日
今日も、日差しが強く、熱中症になってしまうような陽気ですが、私の住む字の人々は、行楽に出掛かられるではなく、田植えを行われています。私自身は植える田んぼがありませんが感情移入いたします。

今日は、倉庫に行きまして、倉庫の照明などを取り外し撮影用に改造したりいたしました。その際、昔の見本帳が箱に入って出てまいりました。先々代の頃のものではないかと思います、近江上布絣の小さなハギレがページごとに貼り付けられています。箱に入って、数十冊です。今の時代だと見本は必ず柄のワンリピート分は必要なのですが、ものを大切にした時代で、ワンリピートが一日仕事なため、小さな切れ端しか貼ることができなかったのだと思います。

不思議なのは、ものがない時代に、良いものが作られたことです。今のものがあふれる時代には、より簡単に安く作れるものがもてはやされます。30年前のナショナルのラジオは電池をいれれば、今でも鳴るのに、今の電化製品のほとんどが1年もほっておけば使えなくなってます。

本日、リネンプレゼントのほう梱包終わりました。明日発送いたしますので、この連休明けには到着するかと思います。
2010年05月03日
今日は、昨日に引き続きよいお天気でしたので、お昼少し前から3時頃まで愛知川の河川敷の公園で会社のバーベキュー大会をいたしました。肉1kg、とうもろこし、サツマイモ、しいたけ、ウィンナー、やきそば、ジュースを買い物して、バーベキューセットを持って河川敷に到着です。

なかなか、調子よくなるまで火が付かず、私を含め6人掛かりで30分くらい掛かったかと思います。肉、とうもろこし、ウィンナー、しいたけはおいしく焼けました。サツマイモは、焼き芋にしました。焼きそばは、バーベキューセットの中に鉄板が見当たらず断念です。

天気もよかったので、子供連れの家族がたくさんバーベキューをしておられました。子供たちは野球とか、サッカーとかを楽しんで、新幹線の線路に隣接した公園なので、15分に1回ほど新幹線も通り過ぎます。隣では大学生のグループがバーベキューをしていましたが、昔の大学の頃の居酒屋をはしごするコンパとは違って健全でよいですね。

私自身、外でくつろぐのは、昨年9月の組合のバーベキュー以来ではないかとも思いながら、3、4時間ほどの時間をくつろいだ後、片づけをしました。30分ほど数千円の買い物すれば楽しめるバーベキューというのは手軽でよいですよね。

太陽が頭上から次第に西のほうに動いていくのを見て、地球が回っているのだなあと思いました。45億年という地球の歴史の中で、人類というのは数百万年。この100年ほどの間に人類の歴史というのはめまぐるしく変化いたしました。冷蔵庫、テレビ、車という基本的なものはこの40年から50年ほどそれほど大きく変わっていません。開発速度というのは逆に退化していると思います。逆に考えると50年前に車を許可していたというのが不思議なほどで、がちがちに固められてしまって、逆に文化は衰退していく定めなのかもしれません。
2010年05月02日
なんか、今日はすごく良いお天気になりまして、日差しも夏に向かいますよという感じです。こんなに良いお天気の日には、まったりとしたい気分なのですが、書類やショップの管理など等をこの休み中に行っておかないといけないことが山積みです。

今日は、お天気が良いので、倉庫に行きましてアイリッシュリネンストールの生地を取り出して加工しましました。アイリッシュリネンストールの糸が30年以上も昔に北アイルランドで紡績されたものであるというだけでなく、このアイリッシュリネンストールを洗うために使うものも、ずいぶんと昔に林与が買いました、未開封の大きな角型の花王の石鹸を取り出してきました。

この洗剤を何年分も大量に買った理由がオイルショックで良い物がなくなってしまうということで、買いだめしたということです。近江上布の製造工程で洗いなどを掛けるときにもこのような石鹸が使われてきました。林与の生地というのは、完成度の高いものが多いので、いつでも、どこでも作れるという思いがなく、ひとつでも欠けてしまうと、おなじ良いものを作れなくなるという思いでものを作っております。

20年前の生地と今の生地にしても、同じ番手の糸を使って同じ加工を施しても、同じに仕上がりません。洗剤ひとつ、薬剤ひとつにしても廃盤になり代わってしまうと、仕上がりが変わってきてしまうという問題は、同じ価値観を伝承したい林与が頭を抱えるところです。そういう部分が、日本製品と海外製品の差であり守っていかないといけない部分であり、良いものを作るためには、ベストな選択で動いていかなければならないところ思います。

リネンストールの細かな仕上げというのは、各社ごとにいろいろな工夫があるとは思うのですが、林与のアイリッシュリネンストールは、本来の糸の良さを実感していただきたいので、柔軟材を一切使用しない仕上げにしてあります。良質な糸に近江の自然の力を吹き込んだリネンストールです。飾らないシンプルな中にほかにない上品さがあるところが、品があると思えるところだと思います。
2010年05月01日
4月のリネンプレゼント当選者が決定いたしました。東京都墨田区の方と静岡県三島市の方です。おめでとうございます。近日中に、メール便速達にて、当選商品の発送を行います。

5月のプレゼントを何にしようか考えております。5月のプレゼントは、北京の展示会でリネンの本を何部かいただきましたので、そちらの本をプレゼントしようかと考えております。糸の会社がPR用に作った非売の本ですが、リネンの中では今までに見たなかで一番、立派な本で、リネンが花の写真などがたくさんあって、リネンのことをよく知っていただけるかと思います。(ただし、英語と中国語です。)

5月のプレゼントは、生地ではありませんので、もらっても困られる方があるかもしれませんので、お問い合わせフォームから「リネンの本プレゼント希望」メールを送ってください。メールを送っていただいた方の中から抽選で2名の方に本をプレゼントいたします。(発送先住所とお名前を書いておいてください。)
2010年04月30日
今日はゴールデンウィークの唯一の中休みなのですが、繊維関連は多くのところが仕事をしておられるようです。今日は午前中に大阪からお客様がお見えになられました。ジャパンクリエーションでは何度かお会いしていたのですが、弊社にお越しになられるのは10年振りくらいだそうで、私も20代のころにお会いしたのを思い出しました。

午後からは、組合の予算関係の書類のことで打ち合わせがありました。夜には、すわっちを含めて見本を発送いたしました。もう月末で、春らしくない寒い四月が終わります。5月には少し暖かくなってほしいなあと願っています。
2010年04月29日
今日は祭日で会社のほうは休みだったのですが、スワッチ送付のつづきなど、作業のほうをしておりました。お昼ころにお知り合いの方からパソコン関連のHELPコールをいただきまして無線LANの接続を復旧のヘルプに2時間ほど行きました。ちょうど、別件で私のほうも確認事項がありましたのでご意見を伺いました。

通常使っている無線LANなどがつながらなくなってしまったらどうするか?他の会社の無線LANの設定で設定も良く分からない状態なら、ネット接続のプロパティをいじったり、無線LANの設定を修正するよりも、システムの復元ということを行ったほうが簡単なようです。

夕方に、一旦、何件かのスワッチの発送を完了しまして、引き続き夜中まで作業を続けておりました。明日は、朝から来客予定で、そのほか書類作成などの作業が残っております。
2010年04月28日
今日はストールの撮影などを行い、午後から組合の事務局の方が来られ、その後、東京からブランドさまが、産地を見学されるということで弊社にもお見えになられました。林与の素材というのは、昔は京都の生地問屋さんなどを通じてお使いいただいているケースも多いかと思います。

地元の同席された親戚筋に当たる方が、リネンの超細番手を見つけられました。他のものの山の中にナチュラルなしわっぽい状態でおいてあり、オフ白ですが、それを的確に見つけられるということはやはり見る目をお持ちですね。麻業界関係者にとっても見て不思議な世界なので、語りは多いのですが、語らずとも多くの人を魅了する、まさにマジカルなリネンです。

一つ二つでもそんなリネンを作ることができたことに幸せを感じるのですが、それが昔の麻の世界だったのだと思います。倉庫で昔の近江上布の絣のサンプルを眺めてもどうしてここまで力を入れてものづくりができたのであろうかと思います。たくさんの種類のものがあっても妥協して作ったらもったいないよねと感じる世界で、まさに、布をつくるという言葉がふさわしい世界がそこにあったりするのです。
2010年04月27日
午前中には、書類作成をいたしており、午後からは、糸商さんがお見えになられました。リネンがブームとなっているということで、リネンの糸商さんも忙しくされているようです。老舗の加工工場が加工から撤退されることになり、その対応におわれられているようです。

今日は、夜、彦根市役所で、組合関連事業のミーティングがあり、県立大学の先生と高校の先生、市役所職員の方にお集まりいただき、産官学のプロジェクトに関しまして第一回のミーティングを持ちました。雨の振るなか、寒いですねえとお集まりいただき、何をどう行っていくかということに関して積極的な意見交換が行われました。

JCから、帰ってきてから、ずっと、スワッチ等の発送の準備を取り行っておりますが、発送のほうが遅れており、29日の発送で皆様のお手元には30日(金)ころの到着となりそうです。皆様、すみません。
2010年04月26日
もう四月も終わろうとしているのですが、まだまだ寒いですね。百貨店や小売店店頭の春夏物の動きというのはまだまだこれからのようで、来春夏物の企画というのが始まりは始まり始めておりますが、店頭の様子を見ながらの進行のようです。

展示会では、非常にリネンや麻は注目をされておりました。数あるリネンの中でも「林与」のリネンを選んでもらうためには、リネンそのものを良く知ってもらうことが一番大事ではないかと思うところが多く、リネンや麻についてブースにお越しになられた皆様といろいろとお話をいたしました。

私自身が、素材に関しての知識などお話することもあるのですが、アパレル以外の世界に関しては、いろいろと教えていただくこともたくさんありました。また、日本にはものづくりへのこだわりで元気にされているかたがおられるのを実感いたしました。そんな皆様と最終的な商品も見据えて、林与が生地を提案していけることはありがたいなあと思っております。

初めて、林与とお話くださった多くの方が、「林与」ってなんですか?とか、「いつからやっているのですか」とか「どこで作られているのですか」とお尋ねになられるケースが多いのですが、それは、布の見た目や風合い以外の部分にストーリー性を求められているのではないかと感じます。ブランドさんがブランドを作り上げられるとき、他とどう違うのという部分は商品よりもそのストーリー性で、素材からしてそれを語ることができるというのは面白いとは思われませんか?
2010年04月25日
昨日、スワッチリクエストなどを整理していて、今回の展示会で人気だった素材の傾向というのが分かります。人気として、ビンテージアイリシュリネンの世界は特別な世界としまして非常に注目いただいたのですが、それ以外でも、ガーゼ系が人気でした。リネンストール、リネンダブルガーゼ、リネンジャガードなどです。

リネンストールに関しましては、まだまだ肌寒いということもあって、その肌寒さを和らげるためにも首元に巻かれたい方が多いようです。夏場も良いです。林与のリネンストールの特色は、高級感とボリューム感です。シャトル織機で織りあげますので、一台の織機では1時間に1枚くらいしか織れません。無地だけでなくチェックなタイプもあったりで、見た目からしてゴージャスなためか、触りたくなられる方が多いようで、実際に首に巻かれて感触を楽しまれてから、お話しに入るケースも多かったです。完成度はかなり高くなっていると思います。

林与のダブルガーゼはドビーではなくジャガード織機を使っています。生産性はすごく落ちてしまうのですが、これにはいくつかの理由があります。リネンダブルガーゼはジャガードで、20年以上前に作ったものがありまして、少し厚ぼったくても感じがよいということで、それを細番手に進化させたのが今期のダブルガーゼです。リネン100番手ものも今後は開発の視野に入れています。

オーガニックリネンも多くリクエストいただいています。アパレル向けのタイプのほかに、エコな仕上げのタイプがあり、普通なら風合い的にどうかなあというエコ仕上げのざらざらしたタイプが人気です。オーガニックリネン糸、捨て耳の出ないシャトル織、無染、無糊、糸道油無、近江の地下水、天日干し、倉庫で寝かせる、そんなエコな世界を林与が作りあげました。実際には、なにがエコなのか、それは線引きの問題でしかありません。大量に安く作るとそれはエコかもしれませんが、それが使い捨ての始まりです。あまり品質にこだわりすぎると捨てない部分ができすぎてエコではありません。エコという概念が使い捨てになることが一番心配だったりもします。
«前のページ 1 ... | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | ... 179 次のページ»